有料会員限定

“冷たい内戦"で続く政治的混迷 リスクシナリオ2|米国新政権

✎ 1〜 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 19 ✎ 最新
拡大
縮小
大統領選の結果に抗議し、最高裁前で集会を開いたトランプ支持者ら(Alex Lourie/Redux/アフロ)

特集「「復興」と「後始末」の年に」の他の記事を読む

2021年1月20日正午、米国で民主党ジョー・バイデン新政権がスタートする。だが、その前途は極めて波乱含みだ。大統領選挙で不正があったとして敗北を認めない共和党のドナルド・トランプ大統領は、新大統領の就任式には出席せず、フロリダ州で集会を開くことを検討中と一部メディアは報じている。24年の大統領選出馬を表明するとの観測もあるが、本当なら異例の事態だ。

式欠席だけならまだいい。バイデン次期大統領にとって実質的な意味でのリスクシナリオは、自らが目指すビジョンや政策が議会共和党やその支持者らの猛反発を受け、ほとんど実現できないことだ。勝利宣言で訴えた「米国民の団結と癒やし」にしても、脱炭素、格差是正、コロナ禍からの経済再生を同時に達成する「ビルドバックベター(よりよい復興)構想」にしても、絵に描いた餅に終わる。そうした可能性は決して小さくない。

ねじれ議会で政策停滞

それを暗示するのが、11月3日の大統領選と連邦議会選挙の結果だった。トランプ氏は負けたとはいえ、バラク・オバマ前大統領の記録をしのぐ約7400万票を獲得し、得票率は46.8%と前回(16年)を上回った。コロナ禍の逆風の中での結果だけに、トランプ人気の根強さをより深く印象づけた。トランプ氏は今後も政界に強大な影響力を保持する見込みで、共和党主流派も先々の選挙を考えれば同氏に背を向けるわけにはいかないだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「復興」と「後始末」の年に
民間有力エコノミスト18人のシナリオ
リスクシナリオ10|金融市場
まさかのシナリオ|金融市場
リスクシナリオ9|菅政権
まさかのシナリオ|菅政権
リスクシナリオ8|デジタル変革期
まさかのシナリオ|デジタル変革期
リスクシナリオ7|東京五輪
まさかのシナリオ|東京五輪
リスクシナリオ6|気候変動
まさかのシナリオ|気候変動
リスクシナリオ5|朝鮮半島との外交関係
まさかのシナリオ|朝鮮半島との外交関係
リスクシナリオ4|揺らぐ自由貿易
まさかのシナリオ|揺らぐ自由貿易
リスクシナリオ3|中国
まさかのシナリオ|中国
リスクシナリオ2|米国新政権
まさかのシナリオ|米国新政権
リスクシナリオ1|新型コロナと世界経済
まさかのシナリオ|新型コロナと世界経済
PartⅠ|政治・経済 リスクシナリオ10
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内