有料会員限定

GDP反転も格差と長期停滞の泥沼に リスクシナリオ1|新型コロナと世界経済

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小
ドイツでのコロナ対策の活動制限に抗議するデモ。欧州各地で同様の光景が見られた(AP/アフロ)

特集「「復興」と「後始末」の年に」の他の記事を読む

2020年10~12月期は新型コロナウイルス流行の第3波を受けて欧米では部分的な活動制限やロックダウンが行われた。景気回復は一歩後退、実質GDP(国内総生産)成長率(前期比)は下振れし、欧州はマイナスに舞い戻ったとみられる。7~9月期の大幅回復でも、先進各国のGDPはコロナ前の19年10~12月期を下回る水準だ。

21年の景気はどうなるのか。

IMF(国際通貨基金)の20年10月時点の見通しは、新興国が中国の8.2%を筆頭に6.0%成長(20年はマイナス3.3%)と高い伸びで牽引、先進国は3.9%(20年はマイナス5.8%)と回復が遅れ、世界全体では5.2%(20年はマイナス4.4%)。政策総動員にもかかわらず、一部の新興国以外は19年のGDPの水準に戻らないという見方で、これがおおむね市場のコンセンサスだ。

一方、ワクチンに期待をかける米ゴールドマン・サックスや米モルガン・スタンレーなど、米国が5%台の高い成長になるという強気な見方も存在する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「復興」と「後始末」の年に
民間有力エコノミスト18人のシナリオ
リスクシナリオ10|金融市場
まさかのシナリオ|金融市場
リスクシナリオ9|菅政権
まさかのシナリオ|菅政権
リスクシナリオ8|デジタル変革期
まさかのシナリオ|デジタル変革期
リスクシナリオ7|東京五輪
まさかのシナリオ|東京五輪
リスクシナリオ6|気候変動
まさかのシナリオ|気候変動
リスクシナリオ5|朝鮮半島との外交関係
まさかのシナリオ|朝鮮半島との外交関係
リスクシナリオ4|揺らぐ自由貿易
まさかのシナリオ|揺らぐ自由貿易
リスクシナリオ3|中国
まさかのシナリオ|中国
リスクシナリオ2|米国新政権
まさかのシナリオ|米国新政権
リスクシナリオ1|新型コロナと世界経済
まさかのシナリオ|新型コロナと世界経済
PartⅠ|政治・経済 リスクシナリオ10
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内