有料会員限定

「復興」と「後始末」の年に PartⅠ|政治・経済 リスクシナリオ10

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22
拡大
縮小

激動が続く世界の政治経済。10のテーマで2021年を読み解く。

特集「「復興」と「後始末」の年に」の他の記事を読む

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が世界の風景を一変させてしまった2020年。来る21年、世界はどこへ向かうのか。

1つの方向性は間違いなく「復興」だ。人類はまず、新型コロナの制御・克服に対処する必要がある。21年には大きな援軍が来る。ワクチンだ。

激しい開発競争が繰り広げられる中、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発した、遺伝物質「メッセンジャーRNA」の活用による新型ワクチンの実用化が先行した。20年12月に英米で緊急使用許可が承認、ワクチン接種が始まった。21年前半には、他社製ワクチンを含め、日本など世界に行き渡り始める見通しだ。

途上国でのワクチン確保など課題はあるものの、重症化の予防効果も確認されているだけに、新型コロナの制御に向けたインパクトは大きい。新規感染者が増えにくくなったり、重症化リスクの低下で人々の恐怖感が薄れたりすれば、21年後半には世界のムードは変わっている可能性がある。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
「復興」と「後始末」の年に
民間有力エコノミスト18人のシナリオ
リスクシナリオ10|金融市場
まさかのシナリオ|金融市場
リスクシナリオ9|菅政権
まさかのシナリオ|菅政権
リスクシナリオ8|デジタル変革期
まさかのシナリオ|デジタル変革期
リスクシナリオ7|東京五輪
まさかのシナリオ|東京五輪
リスクシナリオ6|気候変動
まさかのシナリオ|気候変動
リスクシナリオ5|朝鮮半島との外交関係
まさかのシナリオ|朝鮮半島との外交関係
リスクシナリオ4|揺らぐ自由貿易
まさかのシナリオ|揺らぐ自由貿易
リスクシナリオ3|中国
まさかのシナリオ|中国
リスクシナリオ2|米国新政権
まさかのシナリオ|米国新政権
リスクシナリオ1|新型コロナと世界経済
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内