有料会員限定

「楽観」と「悲観」が交錯 不動産・ゼネコン

✎ 1〜 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 最新
拡大
縮小
6月竣工予定の三菱地所「常盤橋タワー」。2021年は新ビル供給が少なく安堵するオフィス関係者も

特集「対コロナ、2年目の闘い」の他の記事を読む

2020年の不動産業界では、物件用途ごとの優勝劣敗が鮮明になった。21年もこの構図は続きそうだ。

「優勝」の筆頭は物流施設だ。巣ごもり消費の恩恵からEC(ネット通販)需要が拡大。つれて製品の保管・配送拠点となる物流施設の需要が高まり、新規の物件開発や既存施設の取得意欲が旺盛となった。好立地の物流用地の入札では、コロナ禍以前よりも高値での取引も見られる。

物流施設に続く勝ち組が賃貸マンションだ。家賃はオフィスなど他用途の賃料と比較しても不況に強く、景気が落ち込んでも下がりにくい。先行き不透明なコロナ禍にあって、安定資産として投資家からの注目を集めた。上場REIT(不動産投資信託)でも、コロナ禍で公募増資に成功した銘柄のほとんどは物流や住宅系だった。

他方で、稼働が振るわないのはホテルと都市型の商業施設だ。コロナ禍の当初、不動産各社は20年内あるいは20年度内にも稼働が復調すると見込んでいた。が、想定どおりには感染が収束せず、客足は低空飛行が続く。売買市場においては、売り手側は融資の返済があるので価格を妥協しない。一方、買い手は低迷する稼働を懸念して低い価格しか提示せず、相場の目線が合わぬまま膠着状態が続く。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
対コロナ、2年目の闘い
原発事故と闘った10年|インタビュー/元福島県南相馬市長 桜井勝延
福島原発事故から10年
介護
教育
ワークスタイル
就職・採用
商社
業界トップ企業交代へ|インタビュー/伊藤忠商事 社長COO 鈴木善久
石油
鉄鋼
電力ビジネス
不動産・ゼネコン
マンション
鉄道
デジタル事業部を新設|インタビュー/三菱UFJフィナンシャル・グループ 社長 亀澤宏規
生保・損保
日本郵政グループ
証券
銀行
医療
化学
物流
日用品
化粧品
スーパー
ドラッグストア
コンビニ
メディア
ベンチャー
DX(デジタルトランスフォーメーション)
EC・決済
通信
携帯料金
DXの可能性と課題|インタビュー/GMOインターネット 会長兼社長グループ代表 熊谷正寿
IoT時代の電子部品|インタビュー/TDK 社長 石黒成直
ゲームソフト
半導体
電機
カメラ
電動化への対応待ったなし|インタビュー/コマツ 社長兼CEO 小川啓之
ロボット・工作機械
自動車
トップ人事の行方
トップ在職が長い会社
コロナ禍の外食の行方|インタビュー/鳥貴族 社長 大倉忠司
交通・都市開発への影響|インタビュー/東急 社長 髙橋和夫
正念場業界4|外食
食品・飲料
正念場業界3|アパレル
百貨店
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内