有料会員限定

『投票権をわれらに 選挙制度をめぐるアメリカの新たな闘い』 『政治改革再考 変貌を遂げた国家の軌跡』ほか

印刷
A
A

再び制限強まる黒人の権利、大統領選の帰趨に影響も
評者/ジャーナリスト 中岡 望

『投票権をわれらに 選挙制度をめぐるアメリカの新たな闘い』アリ・バーマン 著/秋元由紀 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile]Ari Berman 1983年生まれ、米ノースウェスタン大学卒業(ジャーナリズム、政治学専攻)。米国政治、選挙権、公民権運動などをカバーするジャーナリスト、コメンテーター。有力紙誌に寄稿。2017年、独立系メディアのすぐれた功績に対して授与されるIzzy Awardを受賞。

タイトルは63年前のキング牧師の演説の一節だが、本書は歴史書ではない。他国に対し民主主義を称揚する米国では、投票権をめぐる争いが今なお続いている。米国において投票権問題は極めて今日的な問題なのである。

奴隷制度廃止後の1870年に成立した憲法修正第15条は「人種、肌の色を理由に投票権を制限してはならない」と規定する。南北戦争後、連邦政府は「南部再建」として、南部に連邦軍を置き、黒人の公民権の保護を図った。選挙権を与えられた黒人は州議会議員選挙に立候補し、ルイジアナ州とサウスカロライナ州では州議会の過半数を占めた。

だが、連邦政府はほどなく政治的妥協から連邦軍を撤収。旧南部連合の指導者が一斉に公職に復帰した(南部復古)。白人は黒人の公職への進出に恐れをなし、「ジム・クロウ法」と呼ばれる規制で黒人を立法と行政から排除した。

黒人の公民権と投票権が回復したのは「1964年公民権法」と「65年投票権法」が成立してからだ。しかし、話はここで終わらない。その後も、黒人の投票権を制限するさまざまな試みが保守派によりなされ、現在に至っている。本書はこの公民権法と投票権法をめぐるリベラル派と保守派の“政治闘争”と“法廷闘争”を詳細に描いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内