有料会員限定

『暗黒の啓蒙書』 『トーキング・トゥ・ストレンジャー 「よく知らない人」について私たちが知っておくべきこと』ほか

印刷
A
A

「平等」への「自由」の反撃煽る 英米の思想的膠着を反映
評者/関西大学客員教授 会田弘継

『暗黒の啓蒙書』ニック・ランド 著/五井健太郎 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)
[Profile]Nick Land 1962年生まれ。バタイユを専攻後、ドゥルーズ、ガタリの研究を経て、90年代には英ウォーリック大学の講師。哲学に加え、SF、オカルティズム、クラブカルチャーなどの横断的研究に従事。「暗黒啓蒙」なるプロジェクトを通して、新反動主義に理論的フレームを提供。

新反動主義と呼ばれる思想潮流の代表的論客による著作の、初めての邦訳である。原著はオンラインのブログだ。人種差別を容認するような言説もあり、危険な書である。だが、訳者らの丁寧な解説や注釈を手掛かりにして読み込めば、英米社会が直面する思想的な行き詰まりが見えてくる。

著者は英国出身だが、論じられるのは主として米国での事象だ。原著は2012年に書かれた。アフガン戦争、イラク戦争長期化とリーマン危機という難局の中で生まれた初の黒人大統領オバマが再選に挑み、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大切だ)」運動のきっかけとなる黒人少年殺害事件が起きた年だ。

国家を企業化して互いに競わせ、人々が自由に選択できることを目指す「新官房学」など聞き慣れない概念や用語が頻出する。だが、論じられているのは、古くからの争点である「自由」と「平等」の緊張関係である。米国における平等を論じれば、黒人差別の問題にぶつかるのは必然だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内