有料会員限定

在宅勤務が住宅購入を後押し、低価格の戸建てが人気に 郊外の分譲住宅や低価格注文住宅の販売が好調だ

印刷
A
A
ポラスグループは外構や道路まで造り込んだ分譲戸建てを販売

特集「激震! 不動産」の他の記事を読む

「当初の社内想定では、5月の契約棟数は半減になってもおかしくなかった。まさか前年をこれほど上回るとは」

埼玉県越谷市を中心に千葉県、東京都の一部にも展開する分譲住宅販売大手ポラスグループの広報担当者は驚きを隠せない。緊急事態宣言の発令を受け、同社は4月から店舗での接客や現場見学会といった営業活動を自粛。4月の契約棟数は前年同月比24.6%減に落ち込んだ。だが5月は一転、12%増へ転じ、6月中旬時点でも10%増を超えて推移する。平均価格も従前と変わらず、土地付きで4000万円強という水準を維持する。

ポラスが購入者を分析したところ、2019年は平均年齢が35.4歳だったが、今年5月単月では33.5歳まで下がっていた。在宅勤務で時間的余裕が生まれ、住宅購入を検討する時間が増えたことに加え、「子どもが生まれるなどして、従来は数年後に自宅を買おうと思っていた層が流入した可能性がある」(広報担当者)。

実はこうした好調はポラスだけではない。下の図は上場する住宅会社の月次の受注状況を示したものだ。東京23区を中心に狭小戸建て住宅を販売するオープンハウス(土地付き平均価格4449万円)や低価格な注文住宅のタマホーム(平均建物価格1776万円)は5月に前年同月比プラスを確保した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
激震! 不動産
「大箱の超高層都市は終わり自然との一体型へ変わる」
インタビュー/建築家 隈 研吾
談合体質から脱却できない建設業界、原因究明にも大きな課題
各社が進める省人化対策の施工自動化はコロナ対応にも有効だ
「建築・土木を本業と呼ぶな、多様な収益源で成長する」
インタビュー/大林組 社長 蓮輪賢治
インタビュー/前田建設工業 取締役専務執行役員 岐部一誠
Part3 ゼネコンの多難
負債資本倍率、時価総額減少率
一部資材の調達遅れが影響
郊外の分譲住宅や低価格注文住宅の販売が好調だ
Part2 価値激変の住宅
REITの価格が3月の暴落後、なかなか戻らない
REITが遺したホテル投資の教訓
「ミドルリスク」はどこへ
サンフロンティア不動産 会長 堀口智顕「フローの利益の誘惑に勝つ」
リーマンショックの「生存者」が語るコロナ禍のしのぎ方 2
トーセイ 社長 山口誠一郎「中小オフィスへの影響は限定的」
リーマンショックの「生存者」が語るコロナ禍のしのぎ方 1
コロナ禍でも物流施設の需要は底堅く、地方部にも広がる
縮小か?増床か? オフィスの勝ち組・負け組
アフターコロナで求められるオフィスの模索が続く
ウィーワーク、コロナのジレンマ
社会的距離を保つと席数が減少
オーナーが一方的に閉館、賃料交渉も拒否
「ホテルバブル」の終盤に参入した上場企業が窮地に
営業再開後も続く受難、正念場の宿泊・商業施設
Part1 荒れる不動産市場
激震! 不動産
大荒れ市況を徹底分析
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内