有料会員限定

旅行客まばらな寂しい船出、羽田空港ターミナル大変身 発着枠拡大で施設も一新

印刷
A
A

ターミナルの備えは万全だが、新型コロナウイルスが影を落とす。

京急電鉄が3月13日深夜に実施した「羽田空港第3ターミナル」の駅名看板付け替え作業(撮影:梅谷秀司)

特集「羽田空港クライシス」の他の記事を読む

国際線発着枠の拡大に伴い、羽田空港の施設が大きく変貌する。

同空港には3つのターミナルがあり、これまでは国内線に乗る場合、日本航空(JAL)なら「第1ターミナル」、全日本空輸(ANA)なら「第2ターミナル」、そして海外へは「国際線ターミナル」を利用することになっていた。

夏ダイヤが始まる3月29日以降、ANAが拠点とする第2ターミナルでも世界各地と結ぶ国際線が発着するようになる。

これに先行して3月14日、国際線ターミナルが「第3ターミナル」へと改称され、空港に乗り入れる京浜急行電鉄と東京モノレールの駅名も変わった。

京急の羽田空港国際線ターミナル駅は「羽田空港第3ターミナル駅」に、羽田空港国内線ターミナル駅は「羽田空港第1・第2ターミナル駅」へと変更。東京モノレールも羽田空港第1ビル駅、同第2ビル駅、同国際線ビル駅を、それぞれ羽田空港第1~第3ターミナル駅へ改名した。

3月13日深夜の京急羽田空港国際線ターミナル駅。最終電車が発車すると、作業員が案内サインの取り替え作業に取りかかった。同社によると、変更した表示は第3ターミナルだけでも150カ所に上る。空港2駅で、合わせて約50人が作業に携わった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内