有料会員限定

費用削減と民間活用の切り札、PFI開始20年の通信簿 PFI|官民連携プロジェクトの思惑

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
印刷
A
A

官民連携として始まったPFIだが、理想と現実はかみ合っていない。

京王電鉄グループが引き続き運営を受託中の「高尾の森わくわくビレッジ」。もともとは高校だった施設を転用している

特集「衝撃! 住めない街」の他の記事を読む

官民が連携して公共施設を運営するPFI制度が始まって約20年。案件は公民館から病院や刑務所まで740件、総事業規模は6.2兆円強に積み上がった。

PFIとは民間資金等活用事業の頭文字を取ったもの。従来の公共事業は自治体が施設を建てる際、細かく仕様を決め、専門の各業者に設計や建設、維持管理を発注する必要があった。これを仕様発注という。一方、PFIは性能発注といって大枠のみを決めて発注する。民間業者がこの事業に特化したSPC(特定目的会社)を組成。ノウハウを生かし、資金調達から設計、建設、維持管理まで一貫して行うという点に特徴がある。

メリットは2つ。まずは民間業者のノウハウを活用することで事務作業の効率化や建設費、維持管理費の削減を行うことができる。行政より民間が手がけたほうが効率的にできるという試算を示した指標がVFM(バリュー・フォー・マネー)。日本PFI・PPP協会の調べによれば、約4割の案件でVFMは10%を超える。PFIを推進する内閣府は「財政負担は軽減されており、当初予期した効果は出ている」(PFI推進室)と強調する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
衝撃! 住めない街
注目集める宇都宮市のネットワーク型コンパクトシティー
銘柄|株式市場で期待高まる国土強靱化関連の有望50銘柄
上層3フロアを使えない庁舎も
Part3 データ編|インフラ更新費
財政難|抑制されてきた公共事業がここにきて拡大方向
PFI|官民連携プロジェクトの思惑
道路|終わりなき整備の道
水道|管路の更新が進まない
Part2 インフラ編|学校
対談|東洋大学 経済学部教授 根本祐二 × 慶応大学 経済学部教授 土居丈朗
電力2|大震災・水害にどう備えるべきか
電力1|水害や地震で憂慮されるシナリオ
地震|東京北東部の危険度が高い
営業再開できない施設も
Part1災害編|水害
災害対策や人口減で進む「住めないエリアの拡大」
利便性追求からの方針転換
衝撃! 住めない街
自然災害・人口減を甘く見るな
「首都水没を想定し、企業は事前に復興計画を作れ」
【プラスオリジナル】河田惠昭・人と防災未来センター長に聞く
「企業、家庭とも長期間の電力途絶を想定して対策を」
【プラスオリジナル】中林一樹・首都大学東京名誉教授に聞く
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内