トヨタ自動車、激変する「ケイレツ」との関係 部品各社は100年に1度の激震をどう乗り切る

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
トヨタ自動車の豊田章男社長は「自動車をつくる会社からモビリティカンパニーにチェンジする」と宣言し、さまざまなテクノロジー企業との提携を打ち出している(撮影:梅谷秀司)

特集「トヨタ系部品会社の覚悟」の他の記事を読む

「新しい競争ルールで、新しいライバルたちと、『勝つか負けるか』ではなく、『生きるか死ぬか』の戦いが始まっている」。日本を代表するトヨタ自動車の豊田章男社長は最近、危機感をあらわにした異例の発言を繰り返している。

100年に1度の変革期に突入している自動車業界。エンジンなどの性能や販売台数を競う時代から、新たな移動サービスを提供するCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)へと競争の軸足が移行。そこで強さを発揮しているのがGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)やウーバーテクノロジーズ、ディディ、テスラなどテクノロジー企業だ。

グループ内の再編が急速に進んでいる

今までにない競争相手が現れる中、豊田社長は「自動車をつくる会社からモビリティカンパニーにチェンジする」と発言。自前主義が強かったトヨタだが、「スピードとオープン」をテーマに掲げて、自動運転に欠かせないAI(人工知能)などの知見を求め、ソフトバンクグループなど次々にテクノロジー企業との提携を打ち出している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内