ヤフー、「カリスマ創業者」なき組織の戦い方 第2回 ソフトバンクとの協業が加速する本当の理由

印刷
A
A
今年6月に社長に就任した川邊健太郎氏(右)と、前社長の宮坂学氏(左)(撮影:今井康一)

特集「ヤフー 20年ベンチャーの覚悟」の他の記事を読む

経営陣の若返りに、成長投資の加速――。国内ネット業界の先頭を行くヤフーは今、大きな変革期を迎えている。川邊健太郎社長へのロングインタビュー、第2回のテーマは「組織」。業界には創業社長の強いリーダーシップで経営を引っ張る企業が多い中、そうでない「代替わり経営」のヤフーは何を強みに戦っていくのか。筆頭株主であるソフトバンクグループとの関係性はどう変化してきたのか。あらゆる方向から切り込んでいく。

「マシーンのように働く」からの脱却

──宮坂(学)前社長の経営体制になってすぐの頃、川邊さんは「ヤフーはこれまで、ある意味つまらない会社になっていた」と発言されていました。「PC向けサービスが盤石で、順調に利益成長しているものの、マシーンのように働いていた」と。今回の体制変更に至る過程でも、ヤフーはまた「つまらない会社になってきた」という感覚があったでしょうか。

つまらないかどうかはわからない。ただ、「スマホシフト」と「EC革命」を最優先にしていたので、そのほかの新しいサービスや事業を生み出せていなかった。幸い、きちんとスマホシフトができて、EC革命も順調なので、ここからはもっとチャレンジを増やす。それによってサービスイメージも、組織文化も活性化させていきたいという思いを持っている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内