有料会員限定

高齢化するひきこもり 8050問題の深刻度 親子共倒れになる恐怖

印刷
A
A
イラスト:関 祐子

特集「「孤独」という病」の他の記事を読む

仕事が長続きせず、そのたびに「ひきこもり」を繰り返す人や、社会に戻ることができず、ひきこもらざるをえなくなった人がいる。そんな社会的孤立に陥っている人たちの中でも、深刻さを増しているのが、「8050(はちまるごーまる)問題」だ。これは、80代の親が収入のない50代の子どもの面倒を見ているケースが増えている問題のことで、親子共倒れの事態も顕在化している。

親が亡くなった後、一人残された子どもは孤立し、どう生きていけばいいのかわからず、親の遺体を自宅内に放置した──。

このような死体遺棄の容疑で子が逮捕されるという衝撃的な事件が、今年に入って長崎市、福岡県福津市で相次いで起こった。札幌市では亡くなった80代の母親の後を追うようにして、50代の娘が衰弱死している。母親は「他人には頼りたくない」と支援の申し出を拒んでいた。部屋には9万円ほどの現金が残されていたが、一人残された娘はそれを使って生きることができなかったとみられる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内