有料会員限定

在宅シフト、介護施設も増 最期を迎える場所の選択 8割弱が病院で亡くなる日本

印刷
A
A

一昔前であれば、家族が自宅で親を看取りながら医師が「ご臨終です」と言う、映画のワンシーンのような場面が、一般の家庭でも見られた。

しかし現代の日本で人が亡くなる場所は、8割弱を病院・診療所が占める。対照的に自宅で亡くなる在宅死は13%にすぎず、介護施設(老人ホームや介護老人保健施設)での死亡は1割に満たない。このままでは、団塊の世代が75歳以上となる2025年以降、病床が足りなくなることが懸念される。

特集「親の看取り方」の他の記事を読む

そこで厚生労働省は、高齢者が可能なかぎり住み慣れた地域で、自分らしく暮らしながら最期を迎えることができるよう、高齢者の療養・介護を支援する「地域包括ケアシステム」の構築を掲げている。これは高齢者の医療や介護、それらを支える行政の仕組みを、30分以内で駆け付けられる日常生活圏にそろえるという体制で、中学校の学区を目安に整備することを目指すものだ。

厚労省は25年をメドに地域包括ケアシステムを全国で構築し、病院から自宅や老人ホームなどの介護施設へという移行を促す。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内