有料会員限定

自宅改修、施設入居…親の介護にかかるおカネ 介護は突然やってくる

印刷
A
A
イラスト:関 祐子

特集「親の看取り方」の他の記事を読む

「自分の親はまだ元気だから、介護をするなんて想像がつかない」──。そう考えている読者は少なくないだろう。

だが、介護は突然やってくる。65歳以上の人で介護が必要になった主な原因の1位は男性が脳卒中だ。女性の1位は認知症だが、骨折・転倒の割合は男性より多い。認知症高齢者の数は、2025年に65歳以上の高齢者の約5人に1人に達すると見込まれている。それでも、親が元気だと今すぐ“自分事”として考えるのは難しいかもしれない。

介護が必要になると公的介護保険サービスを使うために役所へ要介護認定の申請を行う。現在、75歳以上の3人に1人が介護保険の要介護認定者(要支援者含む)だ。親の介護と無縁でいられると思うより、いつかそのときが訪れると考えておくほうが現実的だ。

いったん介護が始まると、それはゴールの見えない持久走の始まりともいえる。介護期間は人によりさまざまで、10年以上続くこともある。だからこそ介護のおカネに関する心構えも欠かせない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内