「健康志向もいいけれど、大事なのは生き方だよ」 『「平穏死」のすすめ』著者・石飛幸三医師に聞く

印刷
A
A

Interview|特別養護老人ホーム・上北沢ホーム医師 石飛幸三

7月11日の昼下がり、都内の区民館の一室は講演を聴きに来た70人近くの高齢者で満員だった。講演者は石飛幸三医師で、テーマは「住み慣れた地域で平穏な最期を迎えるために」。

2010年に『「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか』を上梓して以来、石飛氏は全国各地で講演を行ってきた。冒頭、「いろんな考え方があります。私の話に文句をつけてくれても構いません。本音の話をしましょう。ひとごとじゃないんだから」と語りかけた。平穏死を説き続けてきた石飛氏に、現状への見方を聞いた。

いしとび・こうぞう●1935年広島県生まれ。61年、慶応義塾大学医学部卒業。東京都済生会中央病院副院長を経て、2005年から特養の常勤医師に。

特集「親の看取り方」の他の記事を読む

──親の最期が迫ると、医師に「何でもしてやってください」と言う家族は少なくないようです。

結核で死んでしまうような時代もあったが、今では(医療の進歩で)みんな長生きするようになった。そして何かあったら「死んだら大変だ!」と言って救急車を呼ぶ。病院に運び込めば医師が助けてくれるような錯覚に陥っている。でも、人はいずれ逝く。はっきりそれを自覚したほうがいい。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内