有料会員限定

【経済産業省】露呈した持たざる官庁の限界 安倍政権で拡大する“領空侵犯"

印刷
A
A
(撮影:今井康一)

特集「官僚の掟」の他の記事を読む

第2次安倍晋三政権の発足から、政権運営の屋台骨として存在感を示してきた経済産業省。エネルギー以外に強力な規制権限がない“持たざる”官庁として、規制改革の先導役を務めるなど「ビジネスモデルの転換に成功した」(自民党商工族)と評価されてきた。だが、政策のネタ切れや権限の限界、通商問題をめぐる政府内での孤立に直面し、他省庁の縄張りに“領空侵犯”せざるをえない経産省に、不要論が噴出する。

財政再建を後回しにしてでも、経済成長や生産性向上を優先する安倍政権にとって、最も重要なのが「成長戦略」。その立案に深く関与するのが今井尚哉首相秘書官を筆頭とする、内閣府の新原浩朗政策統括官、日本経済再生総合事務局の広瀬直事務局次長などの経産官僚だ。同事務局内の要職も経産省からの出向組が占めており、毎年成長戦略の策定が近づくと出向組を通じて本省各局に対して同戦略への「弾込め」指令が出る。最近は「経産省からの提案がどれも小粒化している」(内閣官房のある幹部)との声も聞かれるが、そんな実情はよそに勇ましい数字が躍り続ける。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
官僚の掟
官僚の本音
現場は霞が関をどう見ている?
財務、経産、厚労…若手官僚座談会
Interview|朝比奈一郎/柴山和久
産業革新機構を軸に再編も
知られざる縦社会と横社会
膨らむ予算と低下する信頼
87歳の役員、いきなり社長…
旧運輸と旧建設の間に不文律
自治、郵政、総務の寄り合い
うつで退職、残業300時間…
外務省 vs. 警察庁
語学研修で出世コースが決まる
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(2)
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(1)
安倍政権で拡大する“領空侵犯"
「最強官庁」の劣化が止まらない
「首相と秘書官は一心同体だ」
幅を利かす「官邸官僚」たち
エリートの官僚離れ
年収1000万円超えは40代から
官僚の掟 忖度エリートのカネと出世
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内