有料会員限定

東大生は霞が関よりコンサル、ベンチャー志向に エリートの官僚離れ

印刷
A
A
(撮影:梅谷秀司)

特集「官僚の掟」の他の記事を読む

東京大学の文系学部で最も優秀な学生は、財務省はじめ中央官庁のキャリア官僚を目指す──。そうした「常識」はすでに過去のものといっていい。

東大の学部卒業者を対象にした調査では、公務員になる人(国家公務員や地方公務員などの総計)は全体の6.1%で、最大勢力の金融・保険に次ぐ比率だった。今でも相当数が公務員として就職している。

ただ人事院の発表によると、国家公務員総合職(旧国家公務員Ⅰ種)試験の大学別合格者数では、2017年度卒業者の中の東大出身者(学部卒者と大学院修了者の合計)は400人を割った。これは16年ぶりのことだ。

官庁訪問で人気の5大省庁とは

省庁別で見ていくと、財務省、経済産業省、外務省、総務省(旧自治省の採用枠)、警察庁が官僚を志望する学生の間で人気が高く、「5大省庁」と呼ばれる。

それに次ぐ存在が厚生労働省だ。激務にもかかわらず、社会保障や少子高齢化といった社会問題の解決へと志を持つ学生から根強い人気がある。

採用人数は少ないが、ひそかな穴場が特許庁だ。他省庁に比べて残業時間が短く、残業代もおおむね支払われるという評判で、学生からの人気が高まっている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
官僚の掟
官僚の本音
現場は霞が関をどう見ている?
財務、経産、厚労…若手官僚座談会
Interview|朝比奈一郎/柴山和久
産業革新機構を軸に再編も
知られざる縦社会と横社会
膨らむ予算と低下する信頼
87歳の役員、いきなり社長…
旧運輸と旧建設の間に不文律
自治、郵政、総務の寄り合い
うつで退職、残業300時間…
外務省 vs. 警察庁
語学研修で出世コースが決まる
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(2)
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(1)
安倍政権で拡大する“領空侵犯"
「最強官庁」の劣化が止まらない
「首相と秘書官は一心同体だ」
幅を利かす「官邸官僚」たち
エリートの官僚離れ
年収1000万円超えは40代から
官僚の掟 忖度エリートのカネと出世
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内