有料会員限定

本音で語るカネ、転職、働き方 財務、経産、厚労…若手官僚座談会

印刷
A
A
夜中でも明かりがつく霞が関。国会中の今はさらに残業が多くなる(撮影:引地信彦)

特集「官僚の掟」の他の記事を読む

20、30代の若手官僚たちは今の霞が関をどのように見ているのか。本音を聞いた(取材を基に座談会形式で構成)。

[座談会参加者]
 A・文部科学省
 B・厚生労働省  
 C・財務省
 D・金融庁    
 E・経済産業省

──月の残業はどのくらいですか。

B 今は残業が少なく、月に80時間ほど。多いときは200時間弱だった。課によって違うが、申請した残業時間のうち4〜7割の残業代が支給される。

C 財務省も100時間強といったところで、多くて180時間ぐらい。残業代の支給割合は課によって違うが6〜7割。年度始まりは6割から始まり、予算消化の必要性が高まる年度末は7割にまで上がる。課長など管理職になると残業代はつかないため、課長になる直前の課長補佐のほうが給料は高くなると思う。

A 文部科学省では2〜3割しか残業代がつかない課も結構ある。5割支給されたら多いほう。不満? 慣れました(笑)。

──なぜ残業が多いのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
官僚の掟
官僚の本音
現場は霞が関をどう見ている?
財務、経産、厚労…若手官僚座談会
Interview|朝比奈一郎/柴山和久
産業革新機構を軸に再編も
知られざる縦社会と横社会
膨らむ予算と低下する信頼
87歳の役員、いきなり社長…
旧運輸と旧建設の間に不文律
自治、郵政、総務の寄り合い
うつで退職、残業300時間…
外務省 vs. 警察庁
語学研修で出世コースが決まる
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(2)
達人が明かす! 官僚の徹底活用術(1)
安倍政権で拡大する“領空侵犯"
「最強官庁」の劣化が止まらない
「首相と秘書官は一心同体だ」
幅を利かす「官邸官僚」たち
エリートの官僚離れ
年収1000万円超えは40代から
官僚の掟 忖度エリートのカネと出世
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内