有料会員限定

安倍政権従属の弊害 問われる日銀の独立性

印刷
A
A

「目標について独立性を持っているのではない」

日本銀行の副総裁に就任した若田部昌澄氏は、3月7日の国会での所信聴取で言い切った。しかしその2日後の記者会見で黒田東彦総裁は「具体的目標についても独立性を持っている」と明言。図らずも、日銀の独立性について日銀内部で認識に差のあることが明らかになった。

日銀に独立性はあるのだろうか。

2018年は改正日銀法が施行されて20年。「改正の最大の眼目は、中央銀行としての『独立性』を法制度としても明確にすること」と日銀のホームページにある。法制度としては日銀に独立性があることになっている。

しかし、現在の日銀の政策委員会の体制を見ると、政府が人事を通じて日銀の金融政策に介入しているように見え、独立性の面で疑問が残る。

13年に安倍晋三首相は日銀総裁について「私と同じ考えを有する人、かつデフレ脱却に強い意志と能力を持った方にお願いしたい」と語り、黒田氏をはじめとする総裁・副総裁の任命を行った。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内