学び直し国語力 ビジネスに効く!「書き方」「話し方」

印刷
A
A

議論する。交渉する。指示する。人とビジネスを動かすのは言葉だ。わかりやすく論理的な書き方・話し方ができているか?

(本誌:杉本りうこ、緒方欽一)

週刊東洋経済 2017年10/7号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「学び直し国語力」の他の記事を読む

『「超」文章法』の著者が実践

文章作成術は音声認識AIで進化する

INTERVIEW|早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問 野口悠紀雄

野口悠紀雄氏は、執筆活動に極めて精力的に取り組んでいる経済学者だ。2017年は『ブロックチェーン革命』など4冊を刊行。さらにあと3冊、年内に予定しているという。書籍のほかにも、週刊誌とウェブ媒体で週4本の連載を持ち、これらだけでも毎週の執筆量は1万字以上と推測できる。記者の世界ではこういう人を“書き魔”と呼ぶ。野口氏が著述家ではないことを考えると、まさに魔に魅入られたような仕事ぶりである。

近年の驚異的な文章生産性の秘密は、スマートフォンの音声認識機能だ。昨年刊行の『話すだけで書ける究極の文章法 人工知能が助けてくれる!』は音声認識を使って書き上げたという。AI(人工知能)の技術革新で近年、音声認識の精度が飛躍的に向上しているが、一冊丸ごと「AIで書く」というのは、出版界でも例のない試みだ。

野口氏は15年前に自著『「超」文章法』で、論理的で説得力のある文章を書く技法を披露している。読み手が「ためになり、面白い」と感じるようにメッセージを発することが重要と説き、比喩や引用の具体的な技法もつまびらかにした。この基本を変えないまま、最新技術を取り入れたメソッドは、いわば「超・超」文章法だ。文章をめぐって進化する技法と変わらない本質を、野口氏に聞いた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し国語力
文章のうまい人が繰り返し読む
言葉を磨くためのツール
プロのライター&編集者が手放さない
隠れた「名著」を読む
経営者、管理職、プロジェクト責任者必読
報道局の"秘伝のルール"公開
この企業の言葉がスゴい理由 3
マクドナルド|ネーミングに魂を込めろ
この企業の言葉がスゴい理由 2
この企業の言葉がスゴい理由 1
»»Part2 実践編 国語力はこんなに役に立つ
TED流が身に付く
フリーアナウンサー魚住りえが教える
お願い、お詫び、抗議、お断り・・・
文体の妙味を学ぶ
切り抜き保存版
ビジネス国語7レッスン 7
ビジネス国語7レッスン 6
ビジネス国語7レッスン 5
ビジネス国語7レッスン 4
ビジネス国語7レッスン 3
ビジネス国語7レッスン 2
»»Part1 基礎編 ビジネス国語7レッスン 1
学び直し国語力
ビジネスに効く!「書き方」「話し方」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内