有料会員限定

ソフトバンク孫正義の言葉の強さ »»Part2 実践編 国語力はこんなに役に立つ

印刷
A
A

カリスマ現代文講師 出口 汪が分析

でぐち・ひろし●1955年東京生まれ。関西学院大学文学部博士課程修了。代々木ゼミナールや東進衛星予備校で現代文を教える。著書の累計販売部数は600万部。(撮影:田所千代美)

特集「学び直し国語力」の他の記事を読む

社会に大きな影響を及ぼす経営者は皆、卓越した言葉の力を持つ。パナソニック創業者・松下幸之助氏の言葉は、時代を超えて読み継がれ、経営にかかわる人に進むべき方向を示している。アップル創業者のスティーブ・ジョブズ氏のプレゼンテーションは最後の1回まで、ITギーク(オタク)を熱狂させた。言葉こそが、人を動かす最大の原動力なのだ。

現代日本の実業家では、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の国語力が抜きんでている。本稿では孫氏の言葉がなぜ人を動かすのか、実際のスピーチを教材として明らかにする。

分析するのは、カリスマ現代文講師・出口汪氏。「現代文は論理の科目。すべての学びの基本」という考えに立った講義で、それまで感覚的な科目とされていた現代文の学習を一変した。一般向けの『ビジネスマンのための国語力トレーニング』などの著書もあり、受験生以外にも人気だ。

冗談は17分に1回 通底する聞き手目線

題材とするスピーチは、2010年の株主総会で孫氏が発表した「新30年ビジョン」。創業30周年の節目に次の30年の戦略を語ったもので、孫氏のスピーチの中でも代表的なものの一つだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し国語力
文章のうまい人が繰り返し読む
言葉を磨くためのツール
プロのライター&編集者が手放さない
隠れた「名著」を読む
経営者、管理職、プロジェクト責任者必読
報道局の"秘伝のルール"公開
この企業の言葉がスゴい理由 3
マクドナルド|ネーミングに魂を込めろ
この企業の言葉がスゴい理由 2
この企業の言葉がスゴい理由 1
»»Part2 実践編 国語力はこんなに役に立つ
TED流が身に付く
フリーアナウンサー魚住りえが教える
お願い、お詫び、抗議、お断り・・・
文体の妙味を学ぶ
切り抜き保存版
ビジネス国語7レッスン 7
ビジネス国語7レッスン 6
ビジネス国語7レッスン 5
ビジネス国語7レッスン 4
ビジネス国語7レッスン 3
ビジネス国語7レッスン 2
»»Part1 基礎編 ビジネス国語7レッスン 1
学び直し国語力
ビジネスに効く!「書き方」「話し方」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内