有料会員限定

推敲なくして名文なし ビジネス国語7レッスン 7

✎ 1〜 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 16 ✎ 最新
拡大
縮小

[教える人]コミュニケーション技術研究家──藤沢晃治氏

身近でわかりやすい文章の代表といえば、新聞記事だろう。新聞が読みやすい理由は二つある。一つは、本特集で伝えているような文章の基礎を踏まえて書いていること。もう一つは、完成した文章を複数の人が読み、改善策を施していることだ。記者の原稿をデスクが直し、さらに校閲担当者が入念にチェックしている。

個人の場合、日々の文章を複数の人にチェックしてもらうのは現実的ではない。だが書き手自身の推敲でも、確実によくなる。推敲のコツを教えてくれるのは、ロングセラー『「分かりやすい文章」の技術』の著者で、コミュニケーション技術研究家の藤沢晃治氏だ。

藤沢氏はまず大前提として、多くの人が無意識に抱く誤解を指摘する。「読み手は自分の文章を、一字一句精読してくれると思いがち。だが実際には斜め読みがほとんどだ。だから推敲を加え、斜め読みに耐えうる読みやすい文章にする必要がある」。

特集「学び直し国語力」の他の記事を読む

文章を削る3つの方法

実際に推敲する前のステップとして藤沢氏は、書き上げた文章をすぐチェックせず寝かせることを推奨している。「すぐに推敲すると、『意図マスキング現象』が起こり、改善すべき点を見落とす」と言うのだ。意図マスキング現象とは藤沢氏の造語。自分の脳内に意図、すなわち専門知識や事の経緯といった事前情報があるため、文章のあらが見えにくくなる状態を指している。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
学び直し国語力
文章のうまい人が繰り返し読む
言葉を磨くためのツール
プロのライター&編集者が手放さない
隠れた「名著」を読む
経営者、管理職、プロジェクト責任者必読
報道局の"秘伝のルール"公開
この企業の言葉がスゴい理由 3
マクドナルド|ネーミングに魂を込めろ
この企業の言葉がスゴい理由 2
この企業の言葉がスゴい理由 1
»»Part2 実践編 国語力はこんなに役に立つ
TED流が身に付く
フリーアナウンサー魚住りえが教える
お願い、お詫び、抗議、お断り・・・
文体の妙味を学ぶ
切り抜き保存版
ビジネス国語7レッスン 7
ビジネス国語7レッスン 6
ビジネス国語7レッスン 5
ビジネス国語7レッスン 4
ビジネス国語7レッスン 3
ビジネス国語7レッスン 2
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内