教養としてのテクノロジー ビジネスに効く!

✎ 1〜 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24 ✎ 25
拡大
縮小

AI(人工知能)が、第4次産業革命を引き起こす。デジタルテクノロジーについての知識とセンスがなければ、この変化には適応できない。

(本誌:杉本りうこ、緒方欽一)

週刊東洋経済 2017年8/26号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「教養としてのテクノロジー」の他の記事を読む

会計、英語に続くビジネス知識

テック音痴は必ず淘汰される

18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命は経済と社会を大きく変えた。第1次産業革命は18世紀末に起こり、蒸気機関や水力を動力源とする「機械化」によって特徴づけられる。第2次は19世紀後半からで、電力を使って「大量生産」が可能になった。そして20世紀半ばには第3次ともいえる動きがあった。コンピュータとソフトウエアというデジタルテクノロジー(テック)による「自動化」だ。

さらに今、4度目の産業革命が始まろうとしている。牽引役となるのは、AI(人工知能)だ。AIは第3次で芽生えた、人間の知的労働を機械が代替するという流れを加速させるとみられている。

AIのエラー率は人間より低い

下図は、AIの画像認識精度を競う国際コンペティション・ILSVRCの結果の推移だ。画像認識のエラー率が低いほど賢いAIといえる。このエラー率が2012年、劇的に下がった。カナダ・トロント大学のチームが、ディープラーニング(深層学習)と呼ばれるAI技術を導入し、驚異的なスコアを挙げた。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
教養としてのテクノロジー
文系リーマンのための
サイエンス研究の停滞
フィンテックに続け!
業務にテクノロジーをあわせる時代ではない
これだから嫌われる
現地に溶け込んで新事業のタネを探す
ドリームチームは巨人をどう変える
»»Part2 ビジネスを変える 応用編
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 8
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 7
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 6
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 5
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 4
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 3
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 2
テクノロジー賢者に学ぶ原理と潮流 1
コンピュータ、インターネット、AI
ITガリバーたる理由
知らないと乗り遅れる!5つのテクノロジー 5
知らないと乗り遅れる!5つのテクノロジー 4
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内