有料会員限定

大手4社が必死の価格維持 マンション価格高騰、買い時は?

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 最新
拡大
縮小
湾岸の高層マンションは東京五輪も追い風に、価格がうなぎ上りだ(撮影:尾形文繁)

特集「親の住まい 子の住まい」の他の記事を読む

「7000万円台なんて手が届かない。五輪が終わるまで待つしかないのか」──。

都内の一流企業に勤める30代の男性は、マンションの購入に踏み切れずにいる。妻は専業主婦、もうすぐ小学校へ進学する息子の成長に合わせて、都心のマンションの購入を検討していたが、希望するエリアのマンション価格は、想定していた金額をはるかに上回っている。価格が下がるまで現在の賃貸マンション(家賃は月15万円)に住み続けるのがよいのかどうか、悩みは尽きない。

首都圏の新築マンションの価格高騰が止まらない。不動産経済研究所の調べでは、2017年上期(1~6月)に発売されたマンションの平均価格は5884万円(前年同期比3.5%増)。東京23区の平均は7159万円(同5.6%増)に達した。

業界では昨年から「もう天井だ」との声が出たが、今年に入っても価格は上がり続けている。東京カンテイの髙橋雅之主任研究員は、「この先数年は平均価格が弱含みする気配はない」と分析する。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親の住まい 子の住まい
学生には経済的なメリット
先送りしてもいいことなし!
2025年、あなたの街は大丈夫か
要介護、一人暮らしでも大丈夫
SOMPO参戦で業界地図に異変
地方移住という選択
保存版・47都道府県別
老人ホーム、サ高住はこう選ぶ
»»Part2 老後の住まいの探し方
最新版・全国主要駅別
本当のコストで比較
Interview│井上高志・Lifull社長
Interview│久光龍彦・トータルブレイン社長
Interview│長嶋修・さくら事務所会長
2000年代の大量供給が市場放出
埼玉屈指の文教地区
駅前のタワマンが人気
再開発ラッシュがまだまだ続く
億ションでも需要は大きい
職住直結を好む単身富裕層が注目
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内