有料会員限定

空き家の悩み 広がる解決策 先送りしてもいいことなし!

印刷
A
A

静岡市清水区の前田キミエさん(82)は、10年近く貸していた区内の一戸建てから借り主が退居するという知らせを受けて途方に暮れた。内装は傷みがひどく、リフォームに200万円はかかる。改修しても、新しい借り手が見つかるかどうかわからない。一般的に、売却するとなれば、資産価値がなくなった建物は解体し、更地にすることになる。この家は大工だった今は亡き夫が、娘のためにと37年前に建てた家(下写真)。意匠を凝らした天井や柱の一本一本に思い出があり、家族にとっては故人をしのぶ大切な家で、壊してしまうのは気が引けた。

悩みを解決したのが、住宅建築・販売を行うヤマダタッケン(石川県金沢市)が2014年に立ち上げた「70年代不動産」事業だ。中古物件を探しリノベーションを行って再販するものだが、中古物件の中でも目をつけたのが、1970~80年代の住宅。この年代の戸建て木造住宅の現在の価値はゼロ。木造住宅における税法上の耐用年数が22年と定められているからだ。70~80年代の中古物件なら、土地価格から解体にかかる費用数百万円を差し引いて購入できる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親の住まい 子の住まい
学生には経済的なメリット
先送りしてもいいことなし!
2025年、あなたの街は大丈夫か
要介護、一人暮らしでも大丈夫
SOMPO参戦で業界地図に異変
地方移住という選択
保存版・47都道府県別
老人ホーム、サ高住はこう選ぶ
»»Part2 老後の住まいの探し方
最新版・全国主要駅別
本当のコストで比較
Interview│井上高志・Lifull社長
Interview│久光龍彦・トータルブレイン社長
Interview│長嶋修・さくら事務所会長
2000年代の大量供給が市場放出
埼玉屈指の文教地区
駅前のタワマンが人気
再開発ラッシュがまだまだ続く
億ションでも需要は大きい
職住直結を好む単身富裕層が注目
タワマン銀座を左右する五輪と市場移転
マンション価格高騰、買い時は?
2020年以降の住まいとの付き合い方
»»Part1 わが家の賢い選び方
親の住まい 子の住まい
マンション・戸建て・サ高住
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内