有料会員限定

介護難民・医師不足 危険度予測MAP 2025年、あなたの街は大丈夫か

印刷
A
A

団塊の世代(1947〜49年生まれ)がすべて75歳以上となる2025年、介護保険の対象となる高齢者施設が足りず、東京都の新宿区・中野区・杉並区では「介護難民」となる高齢者が多数出るかもしれない──。

将来、介護や医療の供給体制は地域によってどのくらい差が出るのか。本誌では医療情報会社であるウェルネスの協力を得て、25年の「介護難民危険度」と「医師不足危険度」のマップを作成した。

介護と医療の供給が現在のままだと仮定すると、3大都市圏では、高齢者施設に入りたくても入れない人や、病院で十分な治療を受けられない人が出てくる可能性のあることがわかった。

とりわけ、新宿区・中野区・杉並区と、千葉県市原市では、75歳以上の人口1000人当たりの高齢者施設の定員が全国平均の6割未満。高齢者は行き場を失う可能性がある(下のマップで赤色の部分)。

詳しく見る前に、データについて説明しよう。地域の区割りは、「2次医療圏」を用いた。医療圏とは、地域の実情に応じた医療を提供するために設定された地域単位。日常生活に密着した医療を提供する1次医療圏(市町村単位、東京23区では区単位)、通常の救急や入院がその中で完結する2次医療圏(複数の市町村、東京23区では複数の区)、先進的な医療技術に対応する3次医療圏(都道府県単位)がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
親の住まい 子の住まい
学生には経済的なメリット
先送りしてもいいことなし!
2025年、あなたの街は大丈夫か
要介護、一人暮らしでも大丈夫
SOMPO参戦で業界地図に異変
地方移住という選択
保存版・47都道府県別
老人ホーム、サ高住はこう選ぶ
»»Part2 老後の住まいの探し方
最新版・全国主要駅別
本当のコストで比較
Interview│井上高志・Lifull社長
Interview│久光龍彦・トータルブレイン社長
Interview│長嶋修・さくら事務所会長
2000年代の大量供給が市場放出
埼玉屈指の文教地区
駅前のタワマンが人気
再開発ラッシュがまだまだ続く
億ションでも需要は大きい
職住直結を好む単身富裕層が注目
タワマン銀座を左右する五輪と市場移転
マンション価格高騰、買い時は?
2020年以降の住まいとの付き合い方
»»Part1 わが家の賢い選び方
親の住まい 子の住まい
マンション・戸建て・サ高住
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内