有料会員限定

8月内閣改造の中身とは 安倍首相が失地回復狙う

印刷
A
A
8月3日に予定される内閣改造に、安倍政権の命運がかかっている(時事)

自民党が7月2日の東京都議選で「歴史的惨敗」を喫し、安倍晋三首相の求心力が急速に低下している。

あの読売新聞の世論調査(7月7~9日実施)に衝撃的な結果が出た。内閣支持率が前回比13ポイント下落し36%になったのだ。不支持率も11ポイント上昇の52%に達した。

安倍首相は都議選後、強くこだわってきた日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)で締結の大筋合意に持ち込んだ。主要20カ国・地域(G20)首脳会議時に米・露・中・韓国とのトップ会談をこなすなど、外交で少なからぬ成果を得たのは事実である。

だが国内の政治状況を見ると、「安倍一強」に亀裂が生じ、今後の政権運営が不安視されている。

そうした中、永田町関係者がかたずをのんで見守っているのが、8月3日に予定される内閣改造と自民党執行部人事である。

新聞各紙が報じる見立ては、麻生太郎副総理・財務相、菅義偉官房長官、そして二階俊博自民党幹事長などは「改造後も『中枢』続投へ」(朝日新聞)で一致する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内