有料会員限定

東京都議選の自民党惨敗 「一強ボケの弛緩の現れ」

印刷
A
A
閣僚の失言や不祥事、当選2回組の問題行動などが、有権者の信頼失墜を招いた(時事)

7月2日投開票の東京都議選で、自民党は大敗した。都議会第一党維持が目標だったが、結果は史上最低の23議席に転落した。小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」は49議席(追加公認を含め55)を獲得して第一党となり、公明党などを合わせた小池支持勢力で過半数の64を大きく上回った。

自民党退潮の最大の要因は、4年に及ぶ「1強」体制のおごりだろう。全国を対象とした共同通信の6月17〜18日実施の世論調査では、内閣支持率44.9%(前月比10.5ポイント減)、自民党支持率も34.3%(同8.5ポイント減)で、大幅下落となった。

中でも都議選終盤の6月27日に飛び出した稲田朋美防衛相の失言が大きく響いた。以前から迷走答弁などで政治リーダーとしての資質に疑いを持たれていたが、応援演説で自民党候補の名前を挙げて「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と述べ、批判の嵐にさらされた。

「今回はアウト」という声は強い。民進党だけでなく、「安倍晋三首相の友党」といわれる日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)も、「辞任を」と明言した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内