有料会員限定

北洋建設社長 小澤輝真 「前科があっても逆転可能」

印刷
A
A

札幌に元受刑者を積極的に雇う企業がある。「人はきっかけ次第で変わりうる」。難病の身を押して、出所者の社会復帰に奔走する日々だ。

一昨年の晩秋、北関東の刑務所で、南部進一(仮名・51)は出所が近づくにつれて恐怖を募らせていた。「殺人未遂犯」の烙印を押され、社会から排除されるのではないかと不安になり、体の震えが止まらなかった。

だが、北洋建設(札幌市)の社長、小澤輝真(おざわ・てるまさ 現在、42)の「うちで働かないか」の一言で吹っ切れた。小澤は就職面接のために、車いすで刑務所を訪れてくれた。

脊髄小脳変性症は、体のさまざまな機能に障害が出てくる難病。最近は車いすが欠かせないが、社長のデスクがいちばん落ち着く(写真:定久圭吾)

出所した南部が振り返る。

「両親は亡くなり、きょうだいとは会えません。塀の外に出ても帰る先はなかった。でも、『仕事と寮があって一日3食ついている。心配いらないよ』と、社長は温かく受け止めてくれました」

量刑6年のところを5年余りで仮釈放となり、その足で札幌に向かい北洋建設に入社した。1年余りが過ぎ、肩から胸、背中にかけて建設作業員らしい筋肉がついた。

小澤が経営する北洋建設は、建物の仮設工事や基礎コンクリートの打ち込み、解体などを請け負う企業だ。よく見掛ける土建業のようだが、どこにもない特色がある。従業員約60人のうち、十数人が元受刑者なのだ。先代の父が創業して以来、40年余りで約500人の出所者を受け入れ、社会復帰を支援してきた。希有(けう)な会社である。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内