『「夜遊び」の経済学』を書いた木曽崇氏に聞く 統合型リゾートは夜の経済振興の複合体

✎ 1〜 ✎ 121 ✎ 122 ✎ 123 ✎ 最新
拡大
縮小

ナイトタイムエコノミーすなわち「夜の経済活動」は、観光振興、地域活性、経済成長の最終戦略になるという。

「夜遊び」の経済学 世界が注目する「ナイトタイムエコノミー」 (光文社新書)
「夜遊び」の経済学 世界が注目する「ナイトタイムエコノミー」 (光文社新書)(光文社/224ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──ナイトタイムエコノミーとは聞き慣れない言葉ですが。

昼間に行われる一般的な経済活動に対し、日が落ちて以降、すなわち夜から翌朝までの間に行われる経済活動の総称だ。ナイトタイムエコノミーはこれまで日本で必ずしも社会から正当な評価を受けてこなかったが、やっと経済のキーワードとして扱えるタイミングになってきた。

──国政レベルで推進議員連盟ができましたね。

4月末に「時間市場創出(ナイトタイムエコノミー)推進議員連盟」の設立総会が開催された。それ以前には、新経済連盟の観光政策の提言にもナイトタイムエコノミーの振興という表現が使われている。これまで消費の場として重要視されてこなかった夜の時間帯を開放することで、消費機会を増やし、国および地域の経済活性化につなげようとしている。

ハロウィーンブームの経済波及力が実証

──事例の一つとして冒頭でハロウィーンブームに注目しています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内