有料会員限定

若者は正社員へ 取り残される35歳以上 格差社会の未来

印刷
A
A

雇用・設備・債務――日本の大企業は3つの過剰を解消するべく、リストラに邁進。その過程で生まれた大量のフリーターが歳を重ねていくと…。

「職場に集合してから作業に入るまでの時間分の賃金がカットされている」「稼げるはずもない高額な給与条件を提示して人を集めている。誇大広告だと思う」──。

6月4日夜、東京・西新宿にあるビルの貸会議室は、熱気に包まれていた。NPO(特定非営利活動法人)派遣労働ネットワークが主催する公開集会には、パート・アルバイト、派遣社員、契約社員など非正規の身分で働く労働者など50人ほどが参加。NHKなどのテレビカメラが見つめる前で、自らの職場の実態を生々しく報告した。

集会には、報道関係者も多かった。大手マスコミが非正規雇用の問題に注目し始めたのは、ここ1~2年のことだ

特集「10年変化」の他の記事を読む

報告を行った面々の勤務先は、グッドウィル、フルキャスト、KDDIグループなどの大手企業。いくら働いても生活費だけで精いっぱいで、なかなか豊かになれない「ワーキングプア」と呼ばれる人たちが、今や多くの大企業を支えている。

不況下で生まれた大量の不安定雇用

雇用構造の劇的な変化は、過去10年ほどで急速に進んだ。総務省の労働力調査によると、1995年には全雇用者に占める非正規労働者の比率は約20.9%、1001万人だったが、2007年1~3月では33.7%、1726万人にまで増加している。非正規労働者は、雇用期間の定めがない正社員に比べると総じて賃金が低く、期間満了などを理由に雇用契約を簡単に打ち切れる。そのため企業にとっては、固定費の引き下げや人員調整に活用できる存在であり、これに多くの企業が飛びついた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内