有料会員限定

日本競馬界を席巻する社台グループの実像 日本のサラブレッドの約6分の1を生産!

印刷
A
A

[ポイント1]
2015年の日本ダービーに出走した18頭のうち、12頭が社台グループの生産馬だった。同社は今や日本のサラブレッドの約6分の1を生産している

[ポイント2]
競馬でレース賞金をはるかにしのぐ巨額のおカネを得る方法は種牡馬ビジネスで成功することだ。ディープインパクトの種付け料は3000万円とされる

[ポイント3]
同社は日本の競走馬のレベルアップに寄与しているが、競馬が「社台の運動会」とも揶揄される現状には、競馬界として危機感を感じるべきだ

 

毎年開催されているセレクトセール。今年の最高落札額は2億8000万円だった(KPS)

特集「競馬の魔力」の他の記事を読む

競馬界に身を置く人々の誰もがあこがれる舞台、クラシックレース。3歳馬のみ出走することができる、3冠競走(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)といわれる大舞台の中でも日本ダービーは最高峰だ。

昨年の日本ダービーに出走した18頭のうち、ノーザンファーム(ノーザンF)で生まれた馬が9頭、社台ファーム(社台F)が2頭、社台コーポレーション白老ファーム(白老F)が1頭、計12頭が社台グループの馬だった。そして優勝したドゥラメンテを筆頭に、ノーザンFの生産馬が1着から4着までを占めた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
競馬の魔力
馬券のネット販売で商圏が一気に全国拡大
通算4000賞のスター騎手が味わったどん底
競走馬と騎手をつなぐ仲介者の意外な真実
日本のサラブレッドの約6分の1を生産!
▶▶Part2 知られざる競馬界の深層
ファミリーは東京競馬場、大人は大井競馬場
ハイセイコー、ディープインパクト、ウォッカ
5年分を徹底分析! データで見る競馬の損得
おカネのプロ吉崎達彦、山崎元、ぐっちーさん
"血統"を読み解けば競馬はもっと楽しめる
競馬学校出身の元ミクシィCEO・朝倉祐介
北島三郎、佐々木主浩ら有名人を凌ぐ強者も
20年ぶりに人気復活、知られざる産業の実態
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内