有料会員限定

羽田空港へのアクセス 新鉄道路線の本命は? 3路線に絞られた候補 費用対効果めぐり議論

印刷
A
A
羽田空港は今後も利用者の増加が見込まれ、アクセス鉄道の整備が必要となってくる(時事通信フォト)

羽田空港にアクセスする新線の本命はどれか。

国土交通省の交通政策審議会、「東京圏における今後の都市鉄道のあり方に関する小委員会」は、4月20日、今後の東京圏の鉄道ネットワーク整備の基本方針を、石井啓一国交相に答申した。

2014年に検討が開始された今回の答申。特に注目されたのは、これまでの提案がどのように位置づけられるかということだった。

羽田へのアクセス新線計画としては、①新宿方面や東京方面と空港を結ぶJR東日本の「羽田空港アクセス線」、②東京急行電鉄多摩川線の矢口渡から蒲田、京急蒲田を経て京浜急行電鉄空港線の大鳥居を結ぶ「新空港線(蒲蒲線)」、③東京駅付近(新東京)を経由して京成線・京急線を結び、羽田・成田両空港へのアクセスを改善する「都心直結線」などが、これまで議論されてきた(図1)。

[図1]
拡大する

そして今回この3路線は、空港アクセス関連の中で、「国際競争力の強化に資する鉄道ネットワークのプロジェクト」として記載された。30年ごろの整備をメドに、今後さらに関係者間で議論を詰めていくことになる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内