有料会員限定

日中貿易大転換の予感 中国動乱の水面下で進行

印刷
A
A

経済減速や人民元切り下げ観測などで世界経済を震撼させてきた中国。だが、その動揺も2月以降は小康状態に入ってきた。いま中国で何が起きているのだろうか。

2015年の中国の実質GDP(国内総生産)成長率は前年比6.9%と、14年の同7.3%から減速。10年の10.6%を直近のピークに5年続きで減速傾向が続いている。

「ニューノーマル(新常態)」を掲げる中国政府にとって、成長率低下は想定内だが、景気が下げ止まらないことには危機感を持つ。このため、15年春以降は(1)住宅ローンの頭金比率引き下げや二重ローンの条件緩和、短期売買の容認など、住宅市場テコ入れ策、(1)15年に返済期限を迎える地方政府関連債務のすべてを中長期・低金利の地方債に置き換える、などの対策が実施された。

今年2月には住宅ローン頭金比率のさらなる引き下げなど追加策が発表されたこともあり、この1~2月の住宅販売額は実に前年同期比49.2%増の大幅増を記録した。全国70都市の平均住宅価格は15年10月以降に前年同月比でプラスに転じ、15年に同1%増と急減速した不動産開発投資も16年1~2月には同3%増と若干ながら回復している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内