有料会員限定

メガバンク人事の読み方 次の頭取候補は? 旧行関係は?

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小

三菱東京UFJ銀行
「組織の三菱」は周到人事

1月末に就任を正式発表。会見する小山田次期頭取(右)と平野現頭取(時事)

特集「追い込まれる銀行」の他の記事を読む

「優秀で頭の切れる人」「人に仕事を任せることもでき、行内であまり悪口を聞いたことがない」──。4月に三菱東京UFJ銀行(BTMU)頭取に就任する小山田隆副頭取に対する社内外評だ。

小山田氏は企画畑が長く、2005年、東京三菱銀行とUFJ銀行の統合の際は、東京三菱側の実務上のトップとして手腕を発揮した。海外での経験不足を指摘する声もあるが、次期頭取の本命中の本命だった。

BTMUのトップ人事は、4年サイクルが事実上“ルール化”されている。平野信行・現頭取が就任したのも4年前。平野氏は頭取就任2年目から持ち株会社の三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)社長を兼務しており、その例に倣えば、小山田氏も17年からFG社長を兼務することになりそうだ。

そして、小山田氏の次と目されている人物がすでにいる。これはと思う人物に早くから帝王学を学ばせ、周囲から見ても「次はこの人だろう」と思わせるのがBTMU流だ。その人物は、現在リテール部門を統括する柳井隆博常務。これまでリテール企画部長や企画部長、シンジケーション部などの担当役員を歴任してきた。グループ全体の動きを把握できる数少ない人材といわれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内