有料会員限定

プログラミング教育が注目を集めるワケ もう知らないでは済まされない!

印刷
A
A
コードキャンプのプログラミング講座には多くの社会人が集まる(撮影:今井康一)

特集「給料が上がる仕事 下がる仕事」の他の記事を読む

1月下旬のある夜、新宿駅から徒歩数分のオフィスのミーティングルームには、スーツ姿の男性らが15人ほど集まっていた。

「7時になりました。皆さん、よろしくお願いします」。講師の男性があいさつすると、話し声がなくなり、部屋にはノートパソコンのキーボードをたたく音が響きだす。始まったのは、プログラミングの講座だ。

プログラミングとは簡単に言うとコンピュータに指示する一連の手順を作ること。ここでは講師が前に立って話をするのではなく、受講生が各自ノートパソコンで課題に取り組み、行き詰まったら講師に問題点を尋ねるというスタイルだ。

講座を手掛けるのは2012年に創業したプログラミング学習サービス専業のベンチャー「コードキャンプ」。週3回設けている集団講座は、どちらかといえば入門編の位置づけだ。より本格的な学習を望む人向けには、ネットで講師からマンツーマンの授業を受けられる。コードキャンプの池田洋宣社長は「以前はパソコン教室などでITサービスの使い方を学ぶのが主流だった。ITが普及した今は、その仕組みや作り方に興味を持つ人が増えている」と分析する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内