有料会員限定

IT人材争奪戦の熾烈な舞台裏 業界の垣根を越えた大移動

印刷
A
A
(撮影:今井康一)

特集「給料が上がる仕事 下がる仕事」の他の記事を読む

「電機メーカーがIT業界からの大量採用に動いている」 あらゆる機器がセンサーなどを介してつながる「IoT(モノのインターネット)」が広がりつつある(図1)。これに危機感を募らせるのが、製造業だ。

[図1]
拡大する

そこで製造業は人材を確保すべく動き始めた。関係者によれば、採用市場で冒頭のような話題が出はじめたのは昨年あたりから。数十人規模の人材確保をもくろむ大手もあるのだという。

調査会社の米IHSは、2020年には現在の倍以上、世界で500億個を超えるデバイスがネットとつながると見込む。あらゆる機器から集まるビッグデータをどのように活用し、新たな製品やサービスへと展開するのか。それは多くのメーカーが抱える共通かつ喫緊の課題ともいえる。

IT業界に開いた風穴 開かれた「第3ルート」

だがセンサーや通信、データ分析の技術を既存事業に生かせる人材は社内に乏しく、新卒社員を育成する時間の余裕もない。そこで狙うのが、IT業界で経験を積んできたエンジニアたちというわけだ。「求める条件がそろわなくても、多少は目をつぶって採っている。必要人数の確保が先」。そんな声も漏れ聞こえるほどだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内