有料会員限定

沖縄に本格参戦する本土マネー 外国人客の急増で一変

印刷
A
A

沖縄の定番観光地の一つ、那覇市・国際通り。年末年始とプロ野球キャンプの端境期に当たる1月中旬は例年、観光客が少ない。だが、今年の国際通りはこれまでと様子が違う。土産品店や飲食店はたくさんの人でにぎわい、近隣ホテルのロビーには多くの観光客があふれている。

りゅうぎん総合研究所の調査によると、県内主要ホテルの2015年1~9月の客室稼働率は81.1%(前年同期比1.5%増)と、リーマンショック前のピーク時を上回る水準にまで回復した。客室単価についてもシティホテルが13年、リゾートホテルが14年を底にそれぞれ上昇傾向に転じている。

こうした状況を受け、動きが活発になっているのが、本土の不動産会社による沖縄でのホテル開発だ。14年7月にはオリックス不動産が事業主体となり「ヒルトン沖縄北谷リゾート」を開業。不動産大手の森トラストは15年12月に沖縄本島に近い瀬底島、今年1月に宮古島と橋でつながる伊良部島にリゾート用地を取得したことを相次いで発表した。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ホテル激烈
利用急増に高まる警戒感
品質認証の調査項目は約1800
都心ブランドホテルの確保に苦慮
予約サイトで満室でもあきらめない
高級フレンチから不動産業まで
効率をとことん重視し急成長
ホテル活況を支える訪日外国人観光客
沸騰!ビジネスホテル
2016年に入り冴えない展開だが
人気の牽引役は訪日外国人ではない
伊達美和子 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ社長
東京に新ホテル続々、大阪は5000室の開発計画
外国人客の急増で一変
星野佳路・星野リゾート代表に聞く
高級ホテル計画が続々浮上
日本では体験できない
ランキング上位の魅力を解剖
ベストホテル(大阪/その他エリア)
オリヴィエ・ジョリヴェ アマンCEO
ホテル業界に精通した専門家にアンケート
30年に一度の活況
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内