有料会員限定

火花散らす異業種ホテル 高級フレンチから不動産業まで

印刷
A
A

京都から電車で1時間強。決してアクセスがよいとはいえない奈良県明日香村の近隣に昨年9月、高級フランス料理を提供するホテルがひっそりと開業した。

「オーベルジュ・ド・ぷれざんす桜井」と名付けられたこのホテル(写真1)を運営するのは、「リストランテASO」など高級フランス料理店を手掛ける、ひらまつだ。オーベルジュとはフランス語で「宿泊施設のあるレストラン」を意味する。

[写真1]
ランス料理を武器にオーベルジュの開業攻勢へ

特集「ホテル激烈」の他の記事を読む

同ホテルは奈良県が今年4月に開業を予定する、農業と調理技術の研鑽を目指す研修教育施設の一つ。運営をひらまつが受託している。ひらまつが得意とする高級フランス料理と宿泊がセットになっており、ツインルームが1泊2.3万円、食事を含めれば5万円以上と決して安くはない。服部亮人・取締役ディレクタージェネラルは「レストランで培ったブランドやサービス力を宿泊の分野でも拡大する」と意気込む。

ひらまつは奈良を皮切りに、7月に賢島(三重)、9月に熱海(静岡)、12月に箱根仙石原(神奈川)と三つのホテルを稼働させる計画を立てる。いずれも客室数は10室前後と小ぶりだ。まずはブランドを確立し、将来的には東京や大阪などで都市型ホテルの開業を目指す。10年間で300億円の売上高をたたき出す野心的な目標を掲げている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
ホテル激烈
利用急増に高まる警戒感
品質認証の調査項目は約1800
都心ブランドホテルの確保に苦慮
予約サイトで満室でもあきらめない
高級フレンチから不動産業まで
効率をとことん重視し急成長
ホテル活況を支える訪日外国人観光客
沸騰!ビジネスホテル
2016年に入り冴えない展開だが
人気の牽引役は訪日外国人ではない
伊達美和子 森トラスト・ホテルズ&リゾーツ社長
東京に新ホテル続々、大阪は5000室の開発計画
外国人客の急増で一変
星野佳路・星野リゾート代表に聞く
高級ホテル計画が続々浮上
日本では体験できない
ランキング上位の魅力を解剖
ベストホテル(大阪/その他エリア)
オリヴィエ・ジョリヴェ アマンCEO
ホテル業界に精通した専門家にアンケート
30年に一度の活況
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内