有料会員限定

アップルは甦るのか “聴き放題"が本格上陸

印刷
A
A

新たにストリーミング型で参入。かつての盟主が音楽業界をかき乱す。

アップルは6月8日のイベント「WWDC」で、アップルミュージックを大々的に発表した(getty Images)

6月30日、米アップルは定額制音楽配信サービス、「アップルミュージック」をスタートさせた。定額制音楽配信とは、月に決まった料金を支払えば、カタログにある楽曲が“聴き放題”になるビジネスモデルだ。

これまでのように、曲をいちいち端末に「ダウンロード」して、保存するやり方ではない。ネットに常時接続されたスマートフォンなどで、クラウド上にある楽曲データにアクセスし、受信と同時に再生もすることから、「ストリーミング(逐次再生)」型のミュージックと呼ばれる。

日本では同時期、サイバーエージェントなどが出資する「AWA」、LINEやソニー・ミュージックエンタテインメントなどが出資する「LINEミュージック」が始動(図表1)。にわかに“ストリーミング・ミュージック元年”の様相を呈し始めた。

[図表1]
拡大する

今度は挑戦者のアップル

ストリーミング型の音楽配信については、英スポティファイが2008年に始め、欧米で定着。が、日本ではNTTドコモの「dヒッツ」などがあったが、なかなか普及しなかった。アーティストや音楽レーベルなど著作権者が乗り気でなかったためだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内