「ナッツリターン」に透ける、韓国財閥の宿痾

後継者の傲慢さが"財閥否定"を増長

父にあたる趙亮鎬会長も謝罪した(写真:Lee Jae-Won/アフロ)

大韓航空は日本でもよく知られた航空会社でもあり、今回の事件は日本でも大きな話題になった。ただ、韓国では日本とは違った視点で問題にされている。

それは、韓国で根強い財閥企業のあり方、という側面だ。今回の趙顕娥氏の行動は傲慢、横柄さばかりが目に付く。そんな趙氏の行動こそ、「財閥の傲慢さ」に直結しているととらえられている。

韓国経済における財閥の存在はとてつもなく重い。よくも悪くも韓国経済を牽引する存在だ。韓国を代表するサムスン電子の株式時価総額が、韓国証券取引所全体の時価総額の2割から3割を占めるという一例だけをとってみても、それはよくわかる。また、入社希望ランキングでも財閥グループが上位を占めるなど、国民も財閥なしでは経済が回らないことをよくわかっている。

だが、そんな財閥にとって、後継者問題は実に大きな悩みでもある。大韓航空のように、韓国の主たる財閥企業は3代目の時代を迎えている。彼らが優れた経営者であればよいが、そうでない場合、その扱いが頭痛の種なのだ。

後継者問題が深刻な韓国財閥

大韓航空でも、趙顕娥氏には弟の趙源泰(チョ・ウォンテ)氏(大韓航空専務)、妹の顯旼(チョ・ヒョンミン)氏(同)がいるが、彼らも一時、醜聞を起こしたことがある。源泰氏は2005年、自動車を運転中に70代のおばあさんに暴言どころか暴力まで振るい、検挙されたことがある。また、市民団体に向かって聞くに堪えない暴言を吐いたこともある。

顯旼氏も、大韓航空子会社でLCC(格安航空会社)のジンエアー乗務員が着用する制服に関して旅行業関係者がツイッターに書き込んだ内容にかみつき、「それは名誉毀損だ」とネット上で発言したことがある。その内容は、「ジンエアーのカジュアルな制服の丈が少し短く、荷物を上の棚に上げるときに乗務員のお腹が見えるのが気になる」といったものだったが、それをもって「名誉毀損うんぬんという言い出すのはやり過ぎ」との批判を受けた。

趙顕娥氏の今回の行動について、実際に降機させられた責任者が韓国メディアのインタビューに応じ、「趙氏が責任者と女性乗務員をひざまずかせ、侮辱する言葉を浴びせたうえ、マニュアルの入ったケースの角で何回も責任者の手をたたき、傷が残った」と主張した。さらに趙氏は機長室の入り口まで責任者を押しやり、「すぐに飛行機を止めなさい。出発できないようにしてやる」とすごんだという。

次ページ1、2年後には現場復帰か
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT