有料会員限定

ドローンが戦争のすべてを変える より長く飛び群れで襲う

印刷
A
A

2007年。米陸軍の一員としてイラクで勤務していたポール・シャール氏は、地雷処理班の到着を待っていた。やがて到着したトラックに載せられていたのは、キャタピラーで動くロボット。初めて見た「地雷除去ロボット」に、シャール氏は未来の戦場を予感した。

シャール氏は現在、ワシントンDCにあるシンクタンク、新米国安全保障センター(CNAS)で働く。ロボット技術が将来の戦争にもたらす影響を研究するプロジェクトのリーダーだ。特に重視しているのがドローン(無人航空機)。「ドローンこそゲームチェンジャーだ」とシャール氏は熱を込める。

米空軍のドローンパイロットたち。さながらゲームの世界だ(U.S.Air Force)

特集「テロと戦争」の他の記事を読む

ドローンは米国内の基地など遠隔地から操縦される。パイロットが搭乗していないことの危険性を憂う声は絶えない。たとえば誤爆だ。ドローンによる攻撃を調査した国際連合の特別報告書によれば、04~13年の10年間で、パキスタンにおいてドローンの攻撃により2200人以上が死亡したが、そのうち400人以上は一般市民だったという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内