有料会員限定

いい加減にしてくれ 重箱調査 経理部長座談会

印刷
A
A

企業への税務調査はどう行われているのか。上場企業3社の経理部長と大手銀行の支店長に、それぞれの実体験を語ってもらった。

出席者
A氏
:製造業
B氏:サービス業
C氏:小売業
D氏:大手銀行支店長

──税務調査が入るのはどんなタイミングですか。

A 2~3年に一度、税務調査が来る。調査期間は大体1カ月。平均的な質問数は100項目ぐらいかな。そのうち見解が違ったり、調査に時間がかかる項目を20~30挙げて、ホワイトボードに書き出し、解決すると消していく。

C うちには一時、10年ぐらい来ない時期があった。久々に調査があったのが5年ほど前。新しい統括官が「これまで行っていない企業を集中的に回れ」と大号令をかけたみたい。それから2年後にも来たけど、ちょうど決算業務をしているタイミングで、前年度の決算について調査に来た。1年も前の話を、よりによってこんな忙しい時期にと思ったけど……。当局はノルマに追われていたようだった。

──どんな質問が多いですか。

B 古典的だけど、固定資産に関するものが多い。資産に計上すべきか、費用に入れるべきかの判断。あと、本来は来期の費用を当期に計上しているという、いわゆる期ズレの問題は必ず指摘される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内