黎明期のタブレットPC、北米市場に新製品が続々登場

 

 

日本でも発売当時はブームを巻き起こしたiPad。もっとも、一時の熱気はすっかり冷め、年末商戦となったいま、量販店のiPadコーナーは閑散としている。本家・米国でも、iPadは米国人の欲しいクリスマスプレゼントの1つによく挙げられるものの、iPadに部品を納入する業者の話によると、最初は爆発的に売れたが、今は伸び悩んでいるという。

しかし、iPadがハイテク機器市場にもたらした影響が無視できるわけではない。タブレットPC(スレート端末)という、これまで長い挑戦の歴史がありながら、鳴かず飛ばずだったジャンルを一気に確立したことは間違いないからだ。iPadの成功に触発され、新型タブレットが各社から続々と登場している。

 すでにサムスンを始め、デル、華為(Huawei)等が市場に出している。2011年には、モトローラが、グーグルのタブレット向け次世代アンドロイド「ハニーコム(Honeycomb)」を搭載した端末を投入、東芝もマイクロソフトのウィンドウズ7とグーグルのOSを搭載した端末を出す。

12月7日には、スマートフォン「ブラックベリー」で知られるRIM(Research In Motion)のマイク・ラザリディス社長が、「UNIX系OSのQNXを採用し、マルチコアCPUを搭載したタブレット、“プレイブック”を第1四半期までに出す。売り込み先は企業や政府機関」と発表。QNXは自動車や、航空宇宙機器、医療器具等への組み込みシステム向けに多く利用されているOSだ。

 プレイブックの特徴はセキュリティとネットワーク接続の信頼性が高く、アドビのエア、HTML5、JavaScript等に対応。「性能が低い前世代の第2世代携帯電話だけが普及している国もあるし、世界でブロードバンドを前提としたタブレットが普及するには時間がかかる」と、ラザリディス社長はいう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT