セブン、「免税コンビニ1号店」に透ける深謀

ローソン、ファミマが様子見の中で先行出店

セブンが他社に先駆けて免税対応に踏み切る“うまみ”は、独自商品の存在だ。同社の広報担当者によると、セブンだけで販売されているスキンケアブランド「雪肌粋」シリーズ(コーセー製)が外国人旅行客に大人気だという。

1日450個売れる洗顔料

このシリーズの洗顔料「ホワイト洗顔クリーム」(税抜き460円)は、「多い店だと、1カ月に1万3000~1万4000個も売れる。高品質の日本製品を手頃な価格で購入できることが、口コミなどで広まっているようだ」(広報担当者)。

1万4000個が30日で売れるとすると、1日当たり450個以上、20万円を超える売り上げになる。これは、セブン1店の1日当たり平均売上高66万4000円(2013年度)の3分の1に迫る数字だ。免税サービスで人気商品の売れ行きがさらに伸びるとすれば、その効果は決して小さくない。

もう1つのうまみは、店内に置かれたATM(現金自動出入機)との相乗効果だ。海外で発行されたキャッシュカードやクレジットカードが使える国内のATMは、セブン銀行など一部に限られている。2020年の東京オリンピックに向けて対応台数は増えていく見込みだが、現在のところ、「外国人観光客を引きつける強み」(広報担当者)になっている。これに免税サービスが加われば、外国人観光客の囲い込みが一段と進むことになる。

免税コンビニが土産の購入場所として定着すれば、王者セブンの強みがまた1つ増えそうだ。それをローソン、ファミマは本当に指をくわえて見ているだけなのか。セブン、そして競合2社の次の一手が、業界の情勢に大きな影響を与えそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。