ゼンショーついに米国牛輸入再開、「吉野家」崩しへ最終戦争

ゼンショーついに米国牛輸入再開、「吉野家」崩しへ最終戦争

米国産牛肉を7年ぶりに輸入再開へ。外食最大手のゼンショーがついに空白期間を破り、12月からグループ店で使用する方針を決めた。当面は「牛庵」や「宝島」など焼き肉チェーン数十店に限定する予定だが、牛丼売上高首位「すき家」での使用開始も時間の問題だ。

米国産牛肉は、2003年12月に米国でBSE(牛海綿状脳症)が発生したことで輸入がストップしたが、日本政府は06年に条件付きで輸入を解禁。これを受け、牛丼業界で激しくシェア争いする「吉野家」(吉野家ホールディングス)と「松屋」(松屋フーズ)の2社が輸入再開。一方、ゼンショーは「安全な状況ができたとはいえない」(首脳)と、かたくなに輸入再開を拒否。大手3社で判断が分かれていた。なぜ、ここに来てゼンショーは方針転換を決めたのか。

値下げ一巡後に備え

ゼンショーが現在使用している牛肉は、BSE非発生国である豪州産が中心だ。米国産より3割程度も安いメリットを享受し、値下げを主導。米国産にこだわり価格競争力で劣っている吉野家を尻目に、顧客を一気に拡大している。

吉野家の既存店の売上高が1割減の一方、すき家では2ケタ増をキープするなど対照的だ。すき家のシェアは4割強と断トツ首位で、勢いはすさまじい。

それでも値下げ効果はいずれ一巡する。10年間で3倍の2909億円(09年度)に拡大した牛丼市場だが、「出店余地は今後3年程度で乏しくなる」(大手幹部)とされ、成長鈍化も否めない。市場のパイ拡大が一服すれば、他社からの顧客奪取が一段と必要となるうえ、その後のリピーター需要がカギを握る。

吉野家の最後の砦であるコアなファンの取り崩し--。ゼンショーの次の狙いもまさにそこにありそうだ。牧草飼育中心の豪州産に比べ、米国産は穀物飼育が中心のため、脂が乗っている。牛丼のうま味を引き出すのに最適とされ、米国産を求める吉野家ファンが他社に“浮気”しないのもそのためだ。吉野家も輸入停止の際には牛丼を販売停止したほど、米国産に強いこだわりを見せてきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT