EVを日本で普及させるために必要なこと【動画】 どこかの時点でバッシングが強まる可能性も

印刷
A
A

2022年初めにアメリカ・ラスベガスで開かれた世界最大のテクノロジー見本市「CES2022」でソニーグループがSUV型のEV(電気自動車)を披露しました。

ソニー参入で日本のEV市場は活性化するか?

アメリカや中国では新規のEV参入の動きが活発ですが日本ではわずかにとどまってきました。

そうした中で日本有数のブランド力を誇るソニーが参入に言及したことは、EV関連ビジネスの起爆剤となります。

ただ、東洋経済 解説部コラムニストの山田雄大記者は「どこかの時点でEVに対するバッシングが強まるのでは」と指摘します。

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済プラス』より、山田雄大記者のリポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの森岡沙衣がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:スープアップデザインズ、撮影:梅谷秀司)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT