スバリスト、トヨタ購入者と異なる嗜好【動画】

データで見えた競合ユーザーとの違いとは

自動車メーカーのSUBARUは水平対向エンジンや4輪駆動に代表される個性的な車造りで、「スバリスト」と呼ばれる熱狂的なファンに支えられています。

「ぶつからないクルマ」で認知広がる

代表的な車種としては、昨年、日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたステーションワゴンの「レヴォーグ」のほかSUV「フォレスター」「XV」、セダン・ハッチバックの「インプレッサ」などがあります。

近年は「ぶつからないクルマ」のキャッチコピーで有名な運転支援システム「アイサイト」の認知が広がるなどファンの裾野が増えている印象もあります。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「スバルの正念場」特集ページにジャンプします

今のスバルユーザーはスバルというメーカーに対して何を求めているのでしょうか。

市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める自動車に関する調査「Car-kitR」のデータをもとに、見えてきたスバリストの特徴とは?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済』のプラスの特集「スバルの正念場」より、東洋経済の中野大樹記者のリポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT