スバリスト、トヨタ購入者と異なる嗜好【動画】 データで見えた競合ユーザーとの違いとは

拡大
縮小

自動車メーカーのSUBARUは水平対向エンジンや4輪駆動に代表される個性的な車造りで、「スバリスト」と呼ばれる熱狂的なファンに支えられています。

「ぶつからないクルマ」で認知広がる

代表的な車種としては、昨年、日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたステーションワゴンの「レヴォーグ」のほかSUV「フォレスター」「XV」、セダン・ハッチバックの「インプレッサ」などがあります。

近年は「ぶつからないクルマ」のキャッチコピーで有名な運転支援システム「アイサイト」の認知が広がるなどファンの裾野が増えている印象もあります。

画像をクリックすると『週刊東洋経済プラス』の「スバルの正念場」特集ページにジャンプします

今のスバルユーザーはスバルというメーカーに対して何を求めているのでしょうか。

市場調査会社のインテージが毎月約70万人から回答を集める自動車に関する調査「Car-kitR」のデータをもとに、見えてきたスバリストの特徴とは?

東洋経済が運営する会員制の経済ニュースサイト『週刊東洋経済』のプラスの特集「スバルの正念場」より、東洋経済の中野大樹記者のリポートをもとに動画にまとめました。

東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの守永真彩がポイントをわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:尾形文繁)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT