レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの衰退【動画】

盤石の人気を誇るが電動化の後れは気になる

スバル「レヴォーグ」が2代目に切り替わってからちょうど1年。

初年度目標の月間2200台をクリア

ここ1年の月間販売台数は平均すると3000台弱と初年度目標の月間2200台をクリアしていて順調に売れています。

昨年末には2020-2021日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。モータージャーナリストの間でも評価がとても高いクルマです。

ホンダ「シャトル」やトヨタ「カローラツーリング」などのCセグメント以下を除いて、Dセグメント以上のステーションワゴンとして、街でよく見かけるのは日本車ではレヴォーグぐらいで、あとはメルセデス・ベンツやBMW、アウディなどの輸入車勢のほうが多いのが実状です。

レヴォーグ1強となったのはなぜ?

ポイントを動画にまとめました。東洋経済オンラインYouTubeチャンネルリポーターの中島未麗歌と東洋経済オンライン編集部長の武政秀明がわかりやすく解説します。

ぜひご覧ください。

(再生時には音量等にご注意ください)

(デザイン:小澤麻衣、撮影:今井康一)画像をクリックするとYouTubeの動画ページにジャンプします
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT