白紙に戻った横浜ベイスターズ売却、TBS交渉決裂の裏側


 となれば、次の売却先を探すことになるだろう。財津社長も「球団が望ましい環境を得られるなら考える」と今後の売却を否定していない。

目下、買収に名乗りを上げているのが神奈川県を地盤とする中堅の家電量販で、球団スポンサーでもあるノジマだ。ただ同社の09年度の経常利益は57億円。6月末時点での現預金は34億円にすぎない。「買収資金の捻出と毎年の赤字に耐え続けるだけの体力があるのか。もし売却して経営が傾いたら、わが社も責任を問われかねない」(TBS関係者)という声が上がる。

TBSの放送事業は景気低迷や視聴率低下などによる広告の減少で3期連続の営業赤字になる見通し。球団の赤字と本業の不振という“二重苦”脱却への出口は見えない。
 
◆住生活グループの業績予想、会社概要はこちら

(中島順一郎 撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年11月6日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。